労働者の人権を守れ

ナースの仕事は多岐にわたります。その業務量の多さにまつわる話題が取り上げられる機会が増えてきました。医師や薬剤師、介護士などとともに、医療介護現場の担い手として重要な役割を担うのがナースです。医師の指示に従って、患者やその家族への病状や対処法の説明などはもとより、注射や点滴などの簡単な医療行為に至るまでを担うその存在は、医療介護現場にはなくてはならないものといえるでしょう。しかしながら、あまりの仕事量の多さで、残業を余儀なくされるケースも多いとして、問題視する声もあがってきています。残業そのものについては、違法性のあるものではなく、何ら問題はないともいえますが、その仕事量の多さが、精神的ストレスに通じているという指摘が取りざたされているのです。ナースの仕事といえば、患者の命を預かるものであり、常に生死に直面するものですので、一瞬たりとも気を緩めることが許されない職業の一つです。医師や薬剤師、介護士などともに、常に高い緊張感を持って職務を遂行している都合上、長時間の勤務は身体に大きな疲労を与えるとして、懸念の声があがっています。むろん、メンタルの強さや本人のキャラクターによっても状況は異なりますが、重要な役割を担っているのは、確かなことです。また、プライベートの充実という点からみても、残業時間が多いというこは、良くないことといえるでしょう。ポジティブにとらえるとするならば、お金を使う暇もないから、貯金するには好都合ともいえます。自分らしく生きるための自由を奪うのは、人権侵害と同じことではないかと思います。いくら仕事が回らないといっても、人が人らしく働けない環境を用意していない場所は、人を雇う権利はないと感じます。過労死などというおかしな問題が、はやく昔話のようになればいいと思います。