産業看護師の役割と仕事内容

ナースの職種には、一般の企業に就職して社員の健康管理を担う産業看護師としての仕事もあります。近年では、中高年の生活習慣病の増加が目立つようになりました。この傾向は企業内でデスクワークを中心として働く社員に該当する大きな特徴でもあります。そのため、生活習慣病の予防という観点から、企業内では医学的知識を持つナースの役割が大変重要になってきているのです。また、経済情勢の変化に伴い、企業で働くサラリーマンの職務にも偏重を来たし、その結果、心労が大きく圧し掛かる傾向も見られます。そのため、産業看護師は心理的な要因で健康状態を乱したサラリーマンのケアを提供する役割も担うようになってきており、心理カウンセラーの資格を持つナースは、多くの企業からメンタルヘルスの専門家としても求められています。産業看護師という職種は、正社員と同様の雇用条件が適用され企業内で働く事になり、医療機関でのシフト制の勤務とは異なり、夜勤や土日の出勤が無く、残業などの時間外労働の割合も極めて少なくなる事が特徴です。産業看護師の職務の性質としては、健康管理や生活習慣の指導など、病気や怪我の処置とは異なるものとなり、仕事の中心がパソコンを使用してのデータ管理業務となることから、事務的なスキルが要求される仕事です。医療機関で働く看護師は、就労時間が不規則になりがちなので、規則的な勤務時間や手厚い福利厚生などを優先する場合には、産業看護師の仕事が理想的な選択となるでしょう。